【SIHH2017】RM 50-03 トゥールビヨン スプリットセコンドクロノグラフ ウルトラライト マクラーレンF1 発表!

いつもRICHARD MILLE GINZAをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

SIHH2017にて、世界一軽い機械式クロノグラフ
RM 50-03 トゥールビヨン スプリットセコンドクロノグラフ ウルトラライト マクラーレンF1が発表されました。

IMG_0395

マクラーレン・ホンダとリシャール・ミルをつなぐ共通の点は、徹底した技術革新、完璧さの追求、そして前進への飽くなき渇望です。F1コンストラクターとして名を馳せるマクラーレン・ホンダとのコラボレーションにより開発されたリシャール・ミルの新型キャリバーは、抜群の性能を誇る名作です。

IMG_0396

スプリットセコンドクロノグラフとトゥールビヨンを装備したRM 50-03 ウルトラライト マクラーレンF1は、ストラップも含めた重量が僅か40グラム以下の、世界一軽い機械式クロノグラフ時計です。この画期的な軽さの秘密は、最先端素材の使用にあります。チタン、カーボンTPT™に加え、全く新しい素材、グラフTPT™を時計の製作に初めて導入しました。この新素材の応用は、2015年にマンチェスター大学に開設された国立グラフェン研究所の研究から誕生しました。物理天文学院のアンドレ・ゲイム博士によって、グラフェンは同研究所で2004年に初めて特定されました。それから6年後の2010年、この先駆的な研究により、アンドレ・ゲイム博士とコンスタンチン・ノボセロフ博士はノーベル物理学賞を受賞しています。

IMG_0398

ムーブメントの性能とトルクの安定性は、70時間パワーリザーブとトルクセンサー用のインジケーターから読み取ることができます。クロノグラフのプッシャーデザインは、マクラーレン・ホンダのマシーンの吸気口を象徴し、リューズのデザインはマクラーレンが使用するレース用のホイールリムから着想を得ました。

世界限定75本
2017年内に発売予定です。