【SIHH2017】 日本限定モデル

いつもRICHARD MILLE GINZAをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

SIHH2017にて、日本限定モデル RM 11-02 ジャパン・ブルーとRM 055 ジャパン・レッドが発表になりました。

RM 11-02 ジャパン・ブルー
IMG_0401

2007年に発表してから不滅の人気を誇るRM 011シリーズから、日本の要望に応え誕生した日本限定モデル。

RM 11-02のオートマティック・キャリバーは、初期のキャリバーRMAC1を新機能を装備した次世代キャリバーRMAC2に置き換え、技術的に進化しています。

フライバッククロノグラフ、ビッグデイト表示のアニュアルカレンダー、60分カウントダウンタイマー、24時間積算計などの機能の他、RM 11-02にはスーパールミノバを塗布した針によりデュアルタイムゾーンを表示するUTC機能が加わっています。PVD処理のチタン製ムーブメントは、ダブルバレルと可変慣性モーメントローターによる自動巻上げ機構を装備し、約55時間のパワーリザーブを確保します。

デュアルタイムゾーンの時間設定用プッシャーは9時位置に配置。この特殊な形状のプッシャーには、2時と5時に配したクロノグラフのスタート/ストップ用プッシャーとリセット用プッシャー同様、RM 011コレクションで特徴であるレーシングカーのペダルデザインからインスピレーションを得たラインが彫り込まれています。そしてRM 011のテーマであるモーターカーに因んで、クラッチ機構を連想する、この上無く精密に作り上げたチタン製リューズを装備し、触った時の感触をよくするためにアルクリン製外リングを配しています。 

2017年秋発売予定

RM 055 ジャパン・レッド
IMG_0400

リシャール・ミル ファミリーでプロゴルファーのバッバ・ワトソンのコンセプトウォッチRM 038を踏襲したRM 055は、高度な技術を結集したスポーツ・ウォッチで、不動の人気を博しています。

この人気シリーズで、日本の限定カラーを採用した50本限定が実現。ベゼルとケースバックには、軽量かつ耐衝撃性に優れたTPTカーボンを採用し、独特な風合いがオリジナリティを一層際立たせます。赤の差し色と、ブラックとホワイトのコントラストが洗練さと独特な印象を与えます。

2017年夏発売予定