【SIHH2017】RM 17-01 トゥールビヨン

いつもRICHARD MILLE GINZAをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

SIHH2017にて、RM 17-01 トゥールビヨンが発表になりました。

IMG_0399

ATZホワイトセラミックス製のベゼルは、優れた耐傷性(1400 ビッカース)に加え、変色しないことで知られており、ダイヤに次ぐ硬い素材ひとつです。非常に衝撃を受けやすいベゼルの素材に適しています。

そして、ミドルケースの主要構成部品の製造には、68種もの異なったスタンピング加工が必要です。シャーシとエンジンがバランスよく同時開発された F1 レーシングカーに使われている車体構造技法にならって、全てが非常に厳密な仕様に準じて作り上げられています。

ムーブメントのケーシングは行わず、サイレントブロック(ISO SW)上に4 個のチタン製ネジで取り付けられています。

これら全てが並外れた製造品質を物語っています。3 重構造のケースにはニトリル製O-リングガスケットを使用し、50m防水です。

12 個のチタン(グレード5)製スプラインネジと316L ステンレススチール耐磨耗ワッシャーによる組み立てです。

ファンクションインジケーターは、車の変速機と同様のシステムで、4時の位置の針で、リューズを1段引くとW(巻上げ)・2段引くとH(時刻合わせ)押し戻すとN(ニュートラル)を表示します。