新作「RM 11-03 オートマチック フライバッククロノグラフ マクラーレン」登場

ジュネーブ・モーターショーで、リシャール・ミルとマクラーレン・オートモーティブが初のウォッチを発表



リシャール・ミルとマクラーレン・オートモーティブは、ジュネーブ・モーターショーのレセプションにて、初の限定ウォッチ「RM 11-03 オートマティック フライバッククロノグラフ マクラーレン」を発表しました。

世界500本限定のこのスペシャリティな時計は、マクラーレン アルティメットシリーズをご購入のお客様に優先して販売される予定です。

マクラーレン デザインディレクターのロブ・メルヴィル氏とリシャール・ミルのエンジニアであるファブリス・ナムラとの親密なコラボレーションで制作された RM 11-03 マクラーレンは、唯一無二のデザイン、新素材の採用、現代のクラフトマンシップなど、お互いの共通点への関心をきっかけとして昨年締結した、マクラーレン・オートモーティブとリシャール・ミルとのパートナーシップによって開発されました。
「このコラボレーションは、本当の意味での技術的挑戦を表現するものであり、単に文字盤にロゴを刻印するだけではく、それ以外を考え出すことでした。私はロブ・メルヴィル氏が設計した720Sに魅惑的な美しさを感じ、RM 11-03 マクラーレンと同様の美しさと機能性を併せ持つカーブを持たせたいと考えました。」-ファブリス・ナムラ
これだけではなく、マクラーレンのラグジュアリースポーツカーやスーパーカーに端を発したデザインも、この特別なウォッチに反映されています。

RM 11-03 マクラーレンのケースは、オレンジクオーツTPT®とカーボンTPT®を織り合せて制作しており、優れた耐性と軽量性を併せ持ち、マクラーレンの代名詞と言えるカラーに敬意を表しています。カーボンTPT®はRM 11-03のメカニカルなパフォーマンスを向上させ、過酷な環境に対する耐性を提供します。
カーボンTPT®製ケースに取り付けられたチタン製プッシャーはマクラーレン720Sの独特なヘッドライトのデザインを踏襲しています。マクラーレンのロゴが配されたベゼルに埋め込まれたチタンパーツは、象徴的なマクラーレンF1の吸気口と同じ形状です。複雑な形状のグレード5チタン製リューズは、マクラーレンの軽量ホイールのデザインです。この限定モデルのために開発されたラバーストラップには、マクラーレンのスピードマークが組み込まれています。

RM 11-03 マクラーレンのボンネットの下では、2016年に発売を開始した自動巻きキャリバーRMAC3が、文字通りサーキットでのレースの準備をしています。瞬時にカウンターをゼロに戻し、素早くリスタートするストップウォッチ機能を有します。並行して搭載された2つの香箱と、可変慣性テンプによって駆動するこのムーブメントは、約55時間のパワーリザーブを備えます。
ゼンマイの巻き上げは、リシャール・ミルの独自の可変慣性モーメントローターによって、着用される方の活動量に合わせて最適な巻き上げを保証します。

レーシングカーのシャシーが常に軽量かつ大きなトルクへの耐性を発揮しなければいけないことを倣い、確実な動力の伝達と必要な剛性の確保のためにPVD処理をしたグレード5チタン製地板を採用しています。サテン仕上げを施したグレード5チタン製ブリッジは、キャリバーの奥行き感をさらに強調し、アニュアルカレンダーやオーバーサイズデイト、12時間クロノグラフやカウントダウンカウンターの視覚的軌跡を作り出します。

RM 11-03 オートマチック フライバッククロノグラフ マクラーレンの詳細はこちら